大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

仏事あれこれ

仏事のわかりづらいことを説明

母屋で身内だけで法事をするケースは戒名ではなく故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します…。

哀悼コーナーに足を運んだ参加者の人々が○○さんはお酒を好んでとことん飲んでいたなぁ、と申されていて、ご遺族は感動されてました。
四十九日(満中陰法要ともいいます。故人が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)法要のサイトは異なって日がたっても残るもので大丈夫でしょうし住んでいる場所の慣わし等によっても、差異があるものですので、百貨店などでご相談なされるのも仏具店などでご相談されるのも、いいんじゃないでしょうか。
一日葬(ワンデーセレモニー)とは本来は前夜に通夜式の法要を行い、翌日に葬儀と二日またいで実施されるお葬式を、お通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)とは本来は前日に通夜の仏事を行い、余日に葬儀・告別式と二日またいで実施される葬儀式を、通夜式をしないで一日で終結する葬儀式のケースです。
それに見合った葬儀を執り行うとしたらやっぱりそれ相応に請求されても仕方ないですが、あれこれと思案すれば、だいたい100万ほど、浮かせることは可能と言えます。
先祖代々に関しての供養(供養とは、仏や菩薩、諸天などの相手に尊敬の念から香華(こうげ)、燈明、飲食(おんじき)などの供物を心から捧げることを言います。サンスクリット語が元になっているといわれ、「尊敬」を意味する言葉の訳と言われています)ですから親族で行う方が、良いと思いますが、各々の理由で、する事が無理な時には、お寺に電話を入れ、卒塔婆を立てる供養(供養とは、仏や菩薩、諸天などの相手に尊敬の念から香華(こうげ)、燈明、飲食(おんじき)などの供物を心から捧げることを言います。サンスクリット語が元になっているといわれ、「尊敬」を意味する言葉の訳と言われています)だけを、求める事もあります。

葬儀式場から弔辞を望んだ人にまで、志望すれば細かなことまで記述する事が出来るのが遺言ノートの魅力だとも言われています。
普通だったら命を失った方に付けられる呼び名ではなく、仏道修行をした、出家者に示教するものでしたが、最近は、所定の儀式などを、実感した普通の人にも、伝授されることになっているようです。
葬儀と告別式とは本来分けて行うもので仏教のお葬式では先ず第一に宗教者による読経などが実施されて、そして告別式、主にご家族ご親族が亡くなった人をお見送りする会が、執り行われています。
お別れの時では各位により故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】の横に花を入れて、故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】とのラストのお別れを行ってもらい、火葬場へ移動します。
斎場とは前は古来神道用語で祭礼・儀典を行う場所を定義していますが、現在では、転じて主役にお葬式を施すことが望める建物を指します。

葬儀式は寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)の僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)によって授戒(仏門に入る人に戒律を授けること)と引導(彼岸に導く)を行う佛式で、通常では遺族のみが列席していました。
葬儀にこだわりといったような想像できないと思うかも知れませんがお葬式を想定する場合にはどこにポイントを置くべきか、ということなんです。
曹洞宗ではどちらの如来を本尊としても例外なく菩薩に通用するとする経典だと言っていますが、故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】宅で葬儀式を行うときは、本尊様として軸を使うことがあります。
母屋で身内だけで法事をするケースは戒名ではなく故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】のお名前が心のうちにしっくりくるのであればそれでも悪くないのでは、無いんじゃないかと思います。
実際的に来た人を数名くらい声をかけていくらくらいの大きさの葬儀を行うことをチョイスしたり、故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】の思いなどを考慮して、どんな風な葬儀を行うかを選択したりしていきます。