大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

仏事あれこれ

仏事のわかりづらいことを説明

以前は墓園というと哀れな雰囲気があったようですが…。

一日葬(ワンデーセレモニー)とは本来は前夜に通夜式の法要を行い、翌日に葬儀と二日またいで実施されるお葬式を、お通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)とは古来は前日にお通夜の祭祀をし、翌日に葬儀と二日またぎで執り行われる葬儀式を、通夜式を行わない一日で終結する葬儀のケースです。
重要な方の危篤を看護婦から告知されたら、家族や自分が会いたいと願う人に、真っ先に連絡を取りましょう。
お通夜は以前は身内や近しい人が終夜仏に付き添うものだったが、今日では早く終わる半通夜がジェネリックです。
小さく気づかれないように葬式を考えていながら高価な祭壇や華美な演出を押し付けられるケースは、葬儀業者の考え方が、そぐわないということです。
家族葬勉強会や終活セミナーや家族葬ホール見学会などを行っているわけですから、いったんはそれらに行ってみることをおすすめしています。

「葬式お坊さん」という言葉も「葬儀・法事にしか関わらない僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)」を小ばかにしただけでなく「葬式に関わるから穢れている」という意味をもったりする。
以前は墓園というと哀れな雰囲気があったようですが、今どきは公園墓地(公園墓地は、お墓が並んでいるだけではなく、まるで公園のようにお花やベンチ、広場などがある墓地のことを言います。 墓地にお参りに来る人も、全く関係のない人も、公園のように使用することができます。 以前までは、墓地はお参りだけに訪れるためのものでしたが、現在は墓地の形が代わり、親しみやすい雰囲気の墓地が増えてきています)みたいな陽気な墓地が基幹です。
一思いに書き写したリビングウイルも在ることを一人も知らなければ意味がないので、信頼ある人間言っておきましょう。
コネのある僧が覚えがない、個人の家の宗派が知らされてない方は、手始めに親類や叔父叔母に伺ってみましょう。
後飾り祭壇は葬儀を終え葬儀の祭壇を片付けた後に遺影写真・遺骨・ご位牌と言われるものを法要まで自宅で安置してお祀りする祭壇を後飾り祭壇と言います。

地域密着が伝統的という葬儀業者がたくさんですが最近ではお客様の声に合わせた葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)など、独自色を活用した、葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)もあります。
この法要は法要式場の手配や本位牌の手配など事前準備をしておくことが多いので、(いつまでに何をやるのか)きちんとつかんでおく必要が大事です。
葬儀・法事から色んな進行暮らしに関するサポートまで丸々受け入れされていただいているほかご家族の気持ちのケアにも、挑戦しています。
二世帯住宅で同居の父がいつしか一人で毎日散歩に出掛けて毎回お葬式やお墓関連のチラシを持って帰ってきて色々と話を聞かせてくれました。
親鸞聖人の教えを通して常の出来事を適応したり、幸せを祈願する、あるいは、お釈迦様を通してご先祖様の供養(供養とは、仏や菩薩、諸天などの相手に尊敬の念から香華(こうげ)、燈明、飲食(おんじき)などの供物を心から捧げることを言います。サンスクリット語が元になっているといわれ、「尊敬」を意味する言葉の訳と言われています)をするのが仏壇の値打ちだと思います。