大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

仏事あれこれ

仏事のわかりづらいことを説明

こんな感じに貴重な人を亡くされた肉親…。

葬儀と告別式とは元来別で仏教のお見送りの儀式では第一に宗教者による読経など施し、そのうちに告別式、主に喪主による故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】とお別れする会が、開催されます。
現今ではお通夜・告別式を実施しない直で火葬場で荼毘を納骨を実施する『直葬』を敢行する遺族が増加中です。
満足のいく葬式だったと思えるようにもうっすらとしたもので良いのでこういう感じで別れたいなぁ、といった予備知識を、することが大切なことだといえます。
お別れの時では皆様方により故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】の周りに好きな花を入れて、家族との末期の別れを行ってもらい、火葬場へ伺います。
ご遺族・ご親族と特定の人達のみをお招きして、お見送りする、祭礼を、「家族葬」と言われるようになり、ここ数年、浸透して、きたらしいです。

この仏事は式場の準備や本位牌の支度など準備を事前にすることが多く、(いつまでに何をすべきか)十分に飲み込んでおく必要があるでしょう。
通夜は一昔前は親族や近しい人が夜が明けるまで亡くなった人に寄り添うものだったが、最近では中夜で終わる半通夜が通例です。
がんセンターで死亡された時病院から2時間程度で退去を要求されるケースも多々あり、お迎えの寝台車を準備する必須です。
「葬儀僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)」と言う呼び方も「葬儀・法事にしか関わらない僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)」を揶揄しただけでなく「葬儀に携わるから穢れている」という訳合を指したこともある。
キャパやランクによって信用が変わることなく葬儀業者の受け答えや考え方様々な対応で、判断することがポイントです。

無宗教のお見送りの際は自由にできる反面そこそこの台本を指し示す、こともありますが、望みや考え方を元に、お見送りの会を作り上げる、進行が一般的です。
葬儀を支度する人は家族の代表者、自治会の会長や関係する共同体、会社の人など、信用のある人の助言を照らし合わせて決めるのがいいと思います。
斎場とは以前は神道の専門用語で祭事・儀式を行う場所を定義していますが、現在では、転じて集中的に葬儀・告別式を行うことが望める建物を言います。
この程僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)は葬式や法要でお経を読む人という思いがしますが、以前から先生とはお釈迦様の言葉や、仏教などを正確にわかるように、伝達するのが役割なのです。
こんな感じに貴重な人を亡くされた肉親、に関しては、この辺りの、知人が、経済の事情を、救済、出来る。