大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

仏事あれこれ

仏事のわかりづらいことを説明

葬儀告別式というセレモニーをやり遂げることで自分に近い人の死というつらい相違を受け入れ…。

一昔前は通夜式は故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】と親しい人たちが夜の目も寝ずに仏に付き添うのが慣習でしたが、この頃は列席者をお迎えして通夜式を行い、数時間以内に完結するのが普通です。
亡くなった人の家の始末浄化、不要物の待遇などを含んだ遺品生理は、従来家人の実行するのがポピュラーでした。
仏の気持ちを受けて親族だけで葬式をし終えたところお通夜や葬儀にお見送りできなかった人が、お参りに頻繁に自宅へ、訪れてくださいます。
そんなふうに貴重な人を死別した親兄弟、に向けて、周囲の、知り合いが、金銭の面を、フォロー、をする。
葬儀と告別式とは従来別のもので仏教のお葬式ならば先ず第一に宗教者による読経等々施し、そのうちに告別式、主に喪主・家族が故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】とお別れする会が、開催されます。

四十九日(満中陰法要ともいいます。故人が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)の忌明け法要まで使用されるのが人並みでお通夜または葬儀に参列出来なかった人達が、お線香をあげに来られた場合には、後飾りでお線香をあげていただきます。
納骨堂(室内などに個人やご家族で遺骨を納めることのできるお墓です。形式は多種多様でロッカー式のものをはじめ、納骨堂の建物のなかに墓石を置くもの(室内墓所)、また、上段には仏壇や位牌・下段には遺骨を置くスペースがある納骨壇など、さまざまなタイプがあります )は東京都内各地に建てられ行くのに便利な寺や都心から距離を置いた、静寂な寺まで、選択肢は豊富です。
葬儀告別式というセレモニーをやり遂げることで自分に近い人の死というつらい相違を受け入れ、新しい生活を実践するための、大きな一歩となります。
「葬儀お坊さん」という言葉も「葬儀・法事にしか携わらない僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)」を揶揄しただけでなく「葬儀に関わるから穢れている」と言う旨趣をもつこともある。
しかし最近では火葬だけや家族葬や密葬を希望する遺族も増加しましたからこの世の最後は、自宅を選択する方も増加中です。

女房の家は黄檗宗でそのお位牌を貯蔵するのですが、自分の住んでいる近隣には日蓮宗の寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)が在しないのです。
昭和初期から使われていた仏壇にはキズやシミのへばり付き木地の腐食金具の腐食、彫刻の損傷金箔の擦れキズ、にて、印象が衰えます。
それに見合った葬儀を執り行うとしたらどうしてもそれなりに請求されると思いますが、色々な切り盛り次第で、だいたい100万円は、縮小することが言えそうです。
以前は墓園というと薄暗い感覚があるといわれていますが、近年は公園墓地(公園墓地は、お墓が並んでいるだけではなく、まるで公園のようにお花やベンチ、広場などがある墓地のことを言います。 墓地にお参りに来る人も、全く関係のない人も、公園のように使用することができます。 以前までは、墓地はお参りだけに訪れるためのものでしたが、現在は墓地の形が代わり、親しみやすい雰囲気の墓地が増えてきています)などといった快活な墓園が多数派です。
奮って記述したエンディングノートも在りどころを誰一人認識がなければ意味がないので、確信が持てる人に伝言しておきましょう。