大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

仏事あれこれ

仏事のわかりづらいことを説明

火葬に従事する職業は明治から私度僧が人々の中に入り道ばたに見捨てられた死体を集め…。

葬儀を不都合なく行うためにはお客様と葬儀会社との連絡相談も非常に大切になりますので些細と思われることでも、ご相談して下さい。
別れの時間はご一同様により故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】と一緒に花を添えて、家族との末期の別れを行ってもらい、火葬場へ出払います。
今日日はお通夜・告別式を実施しない直で火葬場で荼毘を納骨する『直葬』を執り行う遺族が増えています。
火葬に従事する職業は明治から私度僧が人々の中に入り道ばたに見捨てられた死体を集め、鎮魂して火葬したことが起因し、『オン坊』と言われたのだろう。
斎場とは元々神道用語で儀典・儀式を行う場所を定義しましたが、今では、転じて重点的に葬儀式を行うことがすることが出来る場所を斎場と言います。

死人を弔い葬る場が故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】を横に置いての家族の醜い財産争いの場になり死者を弔っているのはいったい誰なのだろうか、という疑問を感じたこと記憶している。
ここにきて墓石の製作工程の大きな進歩により形状の自由度が、激しく躍進し、オリジナルのお墓を、個人で設計する事が、可能というわけです。
終活というのは残りのライフスタイルを『どういう風に生きていきたいか』と言われる思惑を形式にすること、生涯のエンディングに向けて行動的に用意することで、素晴らしい暮らす動きです。
今日まで葬式文化を楔に僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)と民衆はやっとのことで接点を持ってきたが、その冠婚葬祭においても、寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)離れが始まった。
長い時間使用されてきた仏壇には傷や汚れのへばり付き木地の腐食金具の劣化、彫刻の欠け金箔のめくれ、により、印象が悪くなります。

損のない葬儀を執り行うためにもうっすらで問題ないのでこのような葬儀にしてほしいなぁ、という考え方を、持つことが大事になります。
子供の時に両親を亡くしたから仏事は世間知らずなので、それから話を聞く親戚もいないため、五十回忌といっても何を行えばいいのかわからないので。
元来は命を失った方に付与される称号じゃなくて、仏道修行をした、出家者に伝授したんですが、今では、システマティックな儀式などを、参加した一般人にも、伝授されるようになっています。
お仏壇とはその名前の通り仏様要するに如来様を手を合わせる壇の事を意味しそれに加えて今日この頃は、命を落とされた肉親や、ご先祖を祀るものという見方が、自然になりつつあります。
今までは墓地というと薄気味悪い概念があったようですが、現在は公園墓園などといった陽気な墓園が本流です。