大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

仏事あれこれ

仏事のわかりづらいことを説明

納骨堂(室内などに個人やご家族で遺骨を納めることのできるお墓です…。

終活って最後の生涯を『どういった具合に生きたいか』といった思惑を行使すること、余生の終わりにおいて真剣に段取りすることで、いけてる生きていく行動です。
家族葬には明らかな概念はなく家族を真ん中に、付き合いの深い人など故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】と結びつきのある人が揃ってお別れする少ない人数での葬儀を言うことがだいたいのようです。
喪家というのはご不幸のあった家の人達を指し示す言葉で喪中の家を関東では『葬家』を使用することも多々あり喪家は関西エリアを主として、採用される、流れがみられると言えます。
法要参加の方々に心を清めご本尊様の面前に仏になった死人を迎えて、あらたまって言葉を交わして、供養(供養とは、仏や菩薩、諸天などの相手に尊敬の念から香華(こうげ)、燈明、飲食(おんじき)などの供物を心から捧げることを言います。サンスクリット語が元になっているといわれ、「尊敬」を意味する言葉の訳と言われています)するものです。
天台宗のお寺などにお勤めしたことのある人だったら知っていると思いますが、寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)に飛び込むと、最奥部の本尊を定置している仏座や宗教者が願懸けするための壇が配置されています。

お見送りの刻ではみんなにより棺桶のなかにお花などを供えて、死者とのエンディングの別れをしてもらい、火葬場へ移動します。
仏様のお参りをするご遺族・親戚が切れてしまうとか遺族、の代役として、菩提寺の僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)に要望して、故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】の命日に、一定の年数、供養(供養とは、仏や菩薩、諸天などの相手に尊敬の念から香華(こうげ)、燈明、飲食(おんじき)などの供物を心から捧げることを言います。サンスクリット語が元になっているといわれ、「尊敬」を意味する言葉の訳と言われています)やお参りをすること、が永代供養(供養とは、仏や菩薩、諸天などの相手に尊敬の念から香華(こうげ)、燈明、飲食(おんじき)などの供物を心から捧げることを言います。サンスクリット語が元になっているといわれ、「尊敬」を意味する言葉の訳と言われています)のことです。
葬儀と告別式とは元来別で仏教のお葬式であれば先ず第一に僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)による読経など実施し、そのあとに告別式、主にご家族ご親族が故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】をお見送りする会が、執り行われています。
納骨堂(室内などに個人やご家族で遺骨を納めることのできるお墓です。形式は多種多様でロッカー式のものをはじめ、納骨堂の建物のなかに墓石を置くもの(室内墓所)、また、上段には仏壇や位牌・下段には遺骨を置くスペースがある納骨壇など、さまざまなタイプがあります )は全国各所に建てられており各駅から近く便利な寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)や都会から離れた、田舎の寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)まで、バリエーションはたくさんあります。
お葬式にこだわりといったような意外と思うかもしれないけどお葬式を想定する上ではどこにポイントを置くべきか、ということなんです。

満中陰法要の時と異なり後々に残るものでいいですしその場所の慣習等によっても、違うものですので、百貨店などでご相談してみるのも百貨店などでご相談されるのも、いいんじゃないでしょうか。
そのうえお墓のスタイルも近頃では多彩で古くは決められた形状のものでしたが近頃は洋風の、お墓が多数みられますし、自由な発想で形にする人も、多々見られます。
長い年数用いた仏壇には傷や汚れの張り付き木地の腐食金具の腐食、彫刻の欠け金箔のめくれ、等で、見た目が悪くなります。
今に至るまで葬儀文化を中継ぎに寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)と大衆はやっとのことで繋がりを持ってきたが、その葬儀式においても、宗教離れが始まった。
お葬式は幾重にも遭遇することじゃないので、認識する葬儀屋ががほぼなくて病院が示してくれた葬儀屋にお願いする事があるようです。