大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

仏事あれこれ

仏事のわかりづらいことを説明

きっぱりと本義がない『家族葬』という言い方ですが…。

自分の葬式や葬送の手法について生前から決めておく事を願望として持つ方結婚相手と相談したりエンディングノートと言われるものに書き残す人もいるようです。
火葬に相当する職業者は昭和から宗教者が人々の中に入り路肩に見捨てられた死体を集め、供養(供養とは、仏や菩薩、諸天などの相手に尊敬の念から香華(こうげ)、燈明、飲食(おんじき)などの供物を心から捧げることを言います。サンスクリット語が元になっているといわれ、「尊敬」を意味する言葉の訳と言われています)して火葬したことが発端として、お坊さんと呼ばれたのだろう。
喪家というのはご不幸のあったご家庭を意味する言葉で喪中の家族を東日本では『葬家』という事も多く喪家は関西エリアを主として、用いられる、ことがよくあるようです。
あるいは弔辞を述べる本人からすると緊張した時間を過ごしますから式の中に組まれることなら、早々に依頼して、承諾を得るようにしましょう。
終活と言われるのは残りの暮らしを『どんな感じに生きたいか』と言われる思惑を形式にすること、生き方の終焉に向かって挑戦的に予定することで、役立つ生きていく行動です。

先祖代々に関してのご供養(供養とは、仏や菩薩、諸天などの相手に尊敬の念から香華(こうげ)、燈明、飲食(おんじき)などの供物を心から捧げることを言います。サンスクリット語が元になっているといわれ、「尊敬」を意味する言葉の訳と言われています)なので遺族たちですべきことが、一番ベストなのですが、それぞれの理由で、実施できないケースには、お寺に連絡を入れ、卒塔婆を立てる供養(供養とは、仏や菩薩、諸天などの相手に尊敬の念から香華(こうげ)、燈明、飲食(おんじき)などの供物を心から捧げることを言います。サンスクリット語が元になっているといわれ、「尊敬」を意味する言葉の訳と言われています)に限定して、委託する事もあります。
居住空間で身内だけの法事をされる時戒名でなく亡くなられた方の名称のほうが心に残るのであればそれでもかまわないのでは、無いのではないかといえます。
後飾りは葬儀式を終え葬儀の祭壇を片付けた後に遺影写真・遺骨・位牌と呼ばれるものを仏間に安置しているための祭壇です。
親類と一部の限られた人達のみを誘いだして、お別れが出来る、葬儀告別式を、「家族葬」と見られるようになり、ここ何年かで、はやって、こられました。
お通夜は以前は親族や近しい人が夜が明けるまで仏にお供するものでしたが、現代では中夜で終わる半通夜が通例です。

今日日はお通夜・告別式を実施しない直接火葬場で故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】を納骨を行う『直葬』を信奉する遺族が増えています。
通常私共は『法事』と言いますが、正しく言うと、僧侶(僧侶とは、出家して仏教の戒律を守る修行者のことをさす言葉です。古代インドでは、家庭を捨てて出家し、旅をしながら修行する行者をさす言葉でした)にお経をあげてもらうところを「法要」と言い、法要と宴席も合体した行事を『法事』と言っています。
仏式では北枕に安置するのが良いといわれていますがご遺体の安置の手段については仏式以外の神式、キリスト教などの、個々の宗派の特色で習わしが異なります。
きっぱりと本義がない『家族葬』という言い方ですが、集中して家族や近しい人を軸としたちょっとの人の葬儀の美称として使われています。
ご家族の思いを叶えてくれるということは要するにお客様本位の葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)だといえますしそんな葬儀屋さんは、おそらく、新しい部分も。見事だと思っていいでしょう。