大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

仏事あれこれ

仏事のわかりづらいことを説明

葬儀を順調に行うためにはご遺族と葬儀社とのコミュニケーションも大切ですので細かく思われることでも…。

親しい僧侶が不明、個人の檀家の宗旨宗派が見当もつかない方は、何よりも実家や従妹に伺ってみましょう。
素晴らしい人間が死んだ現実をきちんと受け入れ故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】の霊を供養して集まった御遺族や御友人と、悲しみを同調することで、悲しみが癒されていきます。
従来はお墓というものはどんよりとした感じがしましたが、この頃は公園墓地等の明々なお墓が本流です。
斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)って言葉は本来古来神道用語で儀式や典礼を執り行うところを意味をもっていましたが、今日では、転じて主役にお葬式を施すことがすることが出来る施設を斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)と言います。
葬儀と告別式とは別のもので仏教のお見送りの儀では先ず初めに宗教者による読経など実施し、そして告別式、主に喪主が故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】を見送る会が、開催されます。

本来であれば亡くなった人に贈与されるお名前と違い、仏道修行を行った、出家者に伝える物でしたが、この頃では、所定の儀式などを、実感した一般人にも、授けられることになっています。
ひっそりと小さな葬儀を考えているのにもかかわらず高価な祭壇や高価な飾りを押し付けられたときは、葬儀社の適合性が、そぐわないということです。
『終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)』と呼ばれるのは読んで字のごとく行く末のきれいに幕を閉じる方法であり、一生涯のラストを格段にゴージャスなすべく事前に予定しておくべきというような取り組みのことです。
気持ちの良い葬儀とはお別れに専念できる葬儀のことでつまることなく無事に葬式を終わらせることができ、きちんとサヨナラすることが、良い葬儀と考えられます。
鮮魚や野菜とは全く異なり旬のあるものとは違い一切見ないでなんだかんだと考え込むより、先ずは実物を見て、あなたの好きなカラーや、石肌石目を見つけましょう。

一日葬とは本来は前日に通夜式の法要を行い、余日に葬儀・告別式と二日またいで実施される葬儀式を、通夜なしで一日で終結する葬儀式の形です。
この頃は通夜・告別式をかからないダイレクトに火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市北斎場が公営の火葬場として有名)場でお骨を納骨を執り行う『直葬』を施す遺族が増加しています。
お葬式はお寺の宗教者による授戒(戒律を授けること)と引導(仏を彼岸に導くこと)を行う習わしで、通例では親類が参列されていました。
後飾り壇は葬儀が終わって片付けた後に遺影・遺骨・ご位牌などを和室に安置しているための祭壇です。
葬儀を順調に行うためにはご遺族と葬儀社とのコミュニケーションも大切ですので細かく思われることでも、聞いてください。