大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

仏事あれこれ

仏事のわかりづらいことを説明

一般的に私共は『法事』と呼びますが…。

大切な祭壇たくさんの坊主いっぱいの参列者を集めたお別れ会だったとしても、冷え冷えとした空気しか感じられない葬儀も存在するし、歴史のあるお寺に壮大なお墓を建てようが、供養をする人が大していないお墓もある。
父母に資産があり得ないから資産分割は関係ない、わたくしは何も賜る下心はありませんので資産分割は関係ない、と先入観をする家族が無数に見受けられます。
お葬式にこだわりといったような予想外に感じると思いますがそれは葬儀を考えるうえでどこを大切に思うか、という問題です。
世間の人はご遺族の後ろに席をとり到着した順番にご家族の背中側に座って、もらうと、自然に誘導できます。
一般的に私共は『法事』と呼びますが、正しく言うと、住職に仏典を読みいただくことを「法要」と言うので、法要と宴席も含んだ祭事を『法事』と言います。

家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)儀の感じとして通俗的には『ご遺族だけのお葬式』『遺族と友人だけの葬式が大半のイメージで、家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)儀の専門部にに関する解釈も別々と言います。
家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)にはブレない同義はなく家族を重点的に、昔の友人など故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】とつながりがある人が顔を合わせさよならを言う少ない人数での葬式を言うことがだいたいですね。
主要な家族の危篤を医師から伝えられたら、家族や親族や自身が会いたがっている方に、先ずは連絡するのがベストです。
この時まで葬儀文化を楔に僧侶と大衆は紙一重で接点を持ってきたが、その葬儀においても、お寺離れが始まった。
仏事と言う儀典を果たすことでご家族のお別れという人生の大きな相違を受け入れ、自分の中でけじめをつけて新しい生活を、糸口となります。

ほかにも葬儀会館への宿泊がたやすくないとき、地方からの参加者のホテルの準備をしたり、貸衣装や身繕いなど、葬儀では色々と予定外の事象があります。
満中陰法要の際とは違い将来的に残るもので大丈夫だと考えますし住んでいる場所の風習等によっても、バラバラですので、仏具店などでお問い合わせされるのも百貨店などでご相談してみるのも、いいんじゃないでしょうか。
四十九日(満中陰法要ともいいます。故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)の忌明け法要まで働かせるというのが通常などでお通夜や葬儀に列席出来なかった人達が、弔問に訪問した場合に、後飾り祭壇で手を合わせいただきます。
法要参列の人達に心を浄化しご本尊様の顔先に仏様になった亡き者を迎えて、更に心を酌み交わし、お詣りするものです。
古来から遺族の人で進行することが通例だった普遍的だった遺品整理ですが、多事多忙だったり、遺品整理する家が遠地だったり、遺族ではできないのが現状です。