大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

仏事あれこれ

仏事のわかりづらいことを説明

お葬式や法要からたくさんの手続き日々の生活に関するサポートまで丸ごとひき受けさせていただいているほかご遺族の心的なケアにも…。

ポピュラーに手前は『法事』と呼びますが、正確に言うと、坊主にお経を読みいただくことを「法要」と言って、法要と偲ぶ会も合わせた催事を『法事』と指します。
決まりきった葬儀を執り行うならばやはり思っている以上に請求されると思いますが、色々考慮すれば、概略100万は、減らすことができそうです。
仏様の気持ちを尊重し親族だけで葬式を終わらせたところ葬儀告別式にお別れできなかった人が、お参りにちょくちょく自宅に、訪問してくださいます。
納骨堂(室内などに個人やご家族で遺骨を納めることのできるお墓です。形式は多種多様でロッカー式のものをはじめ、納骨堂の建物のなかに墓石を置くもの(室内墓所)、また、上段には仏壇や位牌・下段には遺骨を置くスペースがある納骨壇など、さまざまなタイプがあります )は関西各地にありお参りに便利な駅に近いお寺や都内から離れた、静寂な寺まで、候補はたくさんあります。
思い出の場所に訪問した参加者の方たちが酒が趣味の○○さんは十分飲んでいたなぁ、と語られるのをきいて、ご遺族は感動されてました。

一家・親戚と特有の皆さんのみを収集して、お見送りが出来る、お葬式を、「家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)」と見なされるようになり、少し前から、はやって、きたそうです。
小さいときにお父ちゃんを遺失したので祭事は弱くて、そのうえ教えを乞う血縁者もいないため、二十三回忌といっても何を行ったらよいのか不明です。
長い年数使った仏壇にはキズやシミのへばり付き木地の傷み金具の破損、彫刻の損傷金箔のはがれ、など、見た感じが悪くなります。
仏式の時では安置は北枕が良いとしていますがご遺体の安置の手法については仏式以外で神式、キリスト教などの、各々の宗教や宗派によって慣習が変わります。
自宅で逝去された場合病室から2時間程度で退去を押し付けられる事も多く、迎えるための車を電話する肝心です。

亡き人は釣りが趣味だったという話が聞けていたから釣り好きの故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】のために海のイメージで飾りを、ご提案させていただきました。
お葬式や法要からたくさんの手続き日々の生活に関するサポートまで丸ごとひき受けさせていただいているほかご遺族の心的なケアにも、向き合っております。
四十九日(満中陰法要ともいいます。故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)の忌明け法要まで働かせるというのが普通でお通夜とか葬儀告別式に参列出来なかった友や知り合いが、参列した際には、後飾り壇でお線香をあげ手を合わせていただきます。
元々家族の方の手で仕切ることが平均だった一般だった遺品整理ですが、忙しかったり、遺品整理する場所が遠かったり、家族では行えないのが現実です。
菩薩の教えを通して毎日の不始末を排除したり、幸せを夢見る、または、菩薩を通してご先祖様のお勤めをするのが仏壇の役目です。