大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

仏事あれこれ

仏事のわかりづらいことを説明

この四十九日(満中陰法要ともいいます…。

斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場大阪市では大阪市立北斎場瓜破斎場鶴見斎場が有名です。大阪府堺市では堺市立斎場公営斎場としてあります。民営斎場では、町屋斎場代々幡斎場などがあります)って言葉は本来神道の専門用語で聖祭・儀式を行う場所を特定しましたが、現時点では、転じて重点的に葬儀を施すことがすることが出来る場所を斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場大阪市では大阪市立北斎場瓜破斎場鶴見斎場が有名です。大阪府堺市では堺市立斎場公営斎場としてあります。民営斎場では、町屋斎場代々幡斎場などがあります)と言います。
私が喪主となるのは両親の葬儀旦那の葬儀令息のお葬式ぐらいとなっていて、母のお葬式も次男なので引き受けはしないし、子供の葬儀式も先に死ぬと喪主はなりません。
病院で臨終を迎えたときは2〜3時間で葬儀社を探しそれに加えて即日に2〜3か月分の金額の、買い物をしなければならないようになります。
四十九日(満中陰法要ともいいます。故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)法要の時とは異なり日がたっても残存するもので大丈夫だといえますしその場所の風習等によっても、違うものですので、仏具店などでご相談してみるのも仏具店などでご相談してみるのも、いいかと思われます。
空海の教えをまとめて日頃の面倒を処理したり、幸せを願望する、あるいは、お釈迦様を通して祖先のお勤めをするのが仏壇の価値です。

一日葬とは本当は前日に通夜の仏事を行い、次の日にお葬式と二日間に渡り執り行われるお葬式を、通夜式をしないで一日で終了する葬式の流れです。
現代では通夜式・告別式を遂行しない直で火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市北斎場が公営の火葬場として有名)場でご遺体を納骨を実行する『直葬』を強行する家族が増えています。
家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)勉強会や終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)セミナーや葬儀会場内覧会などをしていますので、いったんはそれらに参会することをおすすめしています。
一般の人々はご家族の背後に座り到着された方から順番にご家族の背後に着席して、もらえますと、自然に案内できます。
通夜はその昔は身内が徹夜で故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】にお供するものだったが、近頃では中夜で終わる半通夜が普遍的です。

本人の葬儀や葬送の手法について生前から決定しておく事を希望する人旦那様と相談したりエンディングノート(「エンディングノート」とは、自分にもしものことがあった時のために、伝えておきたいことをまとめておくノートのことです。2011年10月に「エンディングノート」という映画が公開されたため、注目される方が増えたようです)に書き残した人もいます。
祭事は寺院の仏教者による授戒(仏門に入る人の戒律)と引導(死者を彼岸に)を行う仏式で、通常では遺族のみが列席していました。
葬儀と告別式とは元来別で仏教のお見送りの儀式では先ず初めに僧侶による読経などが施されて、その次に告別式、主に喪主・家族が故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】とお別れする会が、敢行されます。
この四十九日(満中陰法要ともいいます。故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)法要は場所の準備や位牌の手筈など準備を事前にするのが多く、(いつまでに何をすべきか)入念に現状把握しておく必要が要求されます。
お寺と交友がなく通夜の時に葬儀会社にお坊さんをコネクトして頂くケースは、お布施の金額はどんだけ持っていけばいいのか判然としないので、ストレスを抱く者も多いようです。