大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

仏事あれこれ

仏事のわかりづらいことを説明

鮮何にも見ないで色々と悩むより…。

四十九日(満中陰法要ともいいます。故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)法要はお寺の準備や位牌の手続きなど事前準備をする方が多くいて、(いつまでに何をするべきか)きっちりと心得ておく必要があるでしょう。
はじめて葬儀を執り行う人は怯えが多いと想定されますがお葬式は人生で繰り返し行うことではないので、だいたいの者は経験が浅いです。
葬儀と告別式とは元来分けて行うもので仏教の考えのお葬式では初めに僧侶による読経などが実施されて、そして告別式、主にご家族ご親族が亡くなった人をお見送りする会が、行われています。

f:id:go-tokita:20170507120434j:plain


近年までは通夜は故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】の深い関係の人達が終夜仏の横で見取るというのが習慣でしたが、現代は列席者をお迎えして通夜式を行い、数時間で閉式するのがポピュラーです。
鮮魚や野菜とは全く異なりピーク時があるものとは違い何にも見ないで色々と悩むより、このように実物をご覧になって、あなたの好みの色や、石肌石目を探し出してみましょう。

習慣的に地域密着という葬儀屋さんが殆どのようですが昨今は花祭壇や家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)プランが得意な葬儀社など、特色を活用した、葬儀社もあります。
今に至るまで仏事文化をコネクトに寺院と大衆は首の皮一枚で繋がりを持ってきたが、その仏事においても、お寺離れが始まった。
ひとり親に家財がないから財産相続は関係ない、わしは何も頂くつもりがござらんので財産相続は関係ない、と錯覚をしている人が多数いると言われています。
仏式で行うときは北枕に安置するのが良いといわれていますがご遺体の安置の手段については仏式以外のキリスト教・神式などの、個々の宗派の特色で決まりごとが変化します。

f:id:go-tokita:20170507120455j:plain


こんなように重要な方を離別された肉親、においては、隣近所の、知り合いが、お金の面で、協力、をおこなう。

『終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)』と呼ばれるのは雰囲気のまま老後の終わり方の行動あり、人生のラストを格段にゴージャスなすべく事前に手回ししておこうと感じている活動を指します。
ここ数年墓石の加工制作技術のかなりの向上によりフォルムの自由度が、実に高くなり、あなただけのお墓を、個人でデザインする事が、出来るのです。
今頃はお通夜・告別式を実行しない直接火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市北斎場が公営の火葬場として有名)場で仏を納骨を実行する『直葬』を敢行する喪家が増加しています。
今まで親族の手で施すことが普通だった民衆的だった遺品処理ですが、バタバタしたり、遺品整理する家が遠かったり、近親者ではできないのが問題です。
わざわざ書き写したエンディングノート(「エンディングノート」とは、自分にもしものことがあった時のために、伝えておきたいことをまとめておくノートのことです。2011年10月に「エンディングノート」という映画が公開されたため、注目される方が増えたようです)も在りどころを一人も知らなければ無内容なので、信頼ある人間伝えましょう。