大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

仏事あれこれ

仏事のわかりづらいことを説明

終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で…。

終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)と言われるのは残りの暮らしを『どういった具合に生きたいか』といった希望を形式にすること、終生の終焉に向かって行動的に用意することで、役立つ生きていく行動です。
古くは墓石とされるものは明るくない余韻があったようですが、この頃は公園墓地といった快活な墓園が主体です。
家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)には妥当な通念はなく家族を集中的に、関係者など故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】と結びつきのある人が集まり見送る多少の葬儀式を指すことがだいたいのようです。
一昔前は通夜式は故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】と仲の良い人が徹夜で死者に付き添うのが通常でしたが、現代は参列者をお呼びして通夜を執り行い、2時間程度で終わるのが一般的だそうです。
お仏壇とはご想像通り仏様簡単にいうなれば如来様をお詣りする壇の事に関してそれに加え近頃では、命を落とされた身内や、ご先祖を祀る為の場所と言う見方が、常識的になりつつあります。

f:id:go-tokita:20160621181453j:plain

ご自身の葬儀や葬送の進行について生前から決めておく事を願い進める方家族と相談したりエンディングノート(「エンディングノート」とは、自分にもしものことがあった時のために、伝えておきたいことをまとめておくノートのことです。2011年10月に「エンディングノート」という映画が公開されたため、注目される方が増えたようです)に書き残す人も増加しているようです。
火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市北斎場が公営の火葬場として有名)に相当する職人は昭和から私度僧が人々の中に入り込み路肩に見捨てられた死体を集め、供養して火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市北斎場が公営の火葬場として有名)したことがきっかけとして、お坊さんと呼ばれたのだろう。
更に万一の事態では生前相談を、行っていた葬儀会社に葬式を頼むことが叶うから、本当にというような時も柔らかに対策することが可能です。
ただし今日この頃は火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市北斎場が公営の火葬場として有名)だけとか家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)をチョイスする人も増える一方ですので最後の刻は一番大事な場所でと、自宅でと思う方も増えています。
葬儀のパターンや進行すべきポイントは葬儀屋が指示してくれますしご家族のお礼の言葉も定型文が存在するので、それに加えて故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】のエピソードなどをプラスして喪主挨拶にすれば良いのです。

葬式はお寺の宗教者によって授戒(仏門に入る人に戒律を授けること)と引導(仏を彼岸に導くこと)を行う祭祀で、原理では親類が参列されていました。
思い入れのある方が亡くなったことを認めた上で故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】を想い共に集った親族・友人と、悲しみを分かち合うことで、やがて深い悲しみの心がケアされていきます。
交友のある住職が知らない、私自身の家の宗派が知らされてない方は、第一は実家や祖父母に聞くのがいいですよ。
それに加えてお墓の外観も近年では多種多様で一昔前では形がだいたい決まってましたが昨今は洋風化された、墓石が増加していますし、制限のない形状にする方々も、多数存在されます。
母屋で身内だけで法事をするケースは戒名ではなくお亡くなりになった方の名前のほうが心に残るのであればそれはそれでかまわないのでは、無いんじゃないかといえます。

 

 

大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。