大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

仏事あれこれ

仏事のわかりづらいことを説明

家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません…。

死者を愁傷し葬り去る場が故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】を横に置いての家族の醜い財産争いの場になり誰が一体故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】を見送っているのだろうか、と記憶に残ったことがある。

f:id:go-tokita:20160908125109j:plain


重要な祭壇たくさんの僧侶たくさんの参列者を集めた葬式でも、シーンとした空気だけの葬儀も存在するし、歴史あるお寺に荘厳なお墓を建てようが、お墓供養をする人がそんなにいない墓石もある。
当事者・家族・勤務先近隣の方・友人・趣味の範囲を長期にわたり調べしっかりと確実にご説明をさせていただいた上で、最良な葬式プランを、お勧めさせていただきます。
お寺と関わることがなく葬儀式の時間に葬儀社に宗教者を仲介して頂くケースは、お布施を何ぼほど渡せばいいのかはかりかねるので、緊張を抱く者も多いようです。
これまで通夜に家族のご挨拶はなかったですが、近頃はお通夜に会葬者が増えており、訓示される方も増えました。

それに見合った葬儀を行うのであればどうしてもそれなりに強いられると思いますが、様々なプランによって、ざっくりと100万円は、抑えることができると言えます。
ご先祖様に向けての供養という事で家族たちでやった方が、一番いいですが、いくつもの事情で、行えない時には、僧侶と相談をし、卒塔婆を立てる供養に限定して、頼むこともあります。
家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)儀の現象として素人は『家族だけの葬儀式』『遺族と親しい人だけのお葬式』が大半で、家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)の括りににまたがる印象も違うそうです。
お通夜は往年は親族が一晩の間故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】にお供するものだったが、今日日では早く終わる半通夜がジェネリックです。
家族・親族と一定の人のみをお招きして、お別れが出来る、葬儀を、「家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)」と呼称されるようになり、今日この頃では、はやって、きたらしいです。

四十九日(満中陰法要ともいいます。故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)の忌明けまで費やすのが当たり前にてお通夜または葬儀告別式に参加出来なかった友人・知人が、弔問に来た際には、後飾りでお詣りしていただきます。
禅宗のお寺などにお勤めしたことのある人だったら把握していると思っていますが、寺院に入堂すると、最奥部の菩薩を設置してある須弥座や修行僧が手を合わせるための壇が配置されています。

f:id:go-tokita:20160811153253j:plain


葬式と言うセレモニーをやり遂げることでご家族のお別れという現状を受け入れて、新しい人生をスタートする、行動する足がかりとなります。
もしも葬儀会場のことにしても見事なホテルの会場が良いという方もいれば、お寺の素晴らしい雰囲気の中で、お別れしたいと希望される家族もいらっしゃいます。
現代まで葬式文化を楔に僧侶と民衆はやっとのことで繋がりを持ってきたが、そのお別れの儀においても、行事離れが始まった。

大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。