大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

仏事あれこれ

仏事のわかりづらいことを説明

一昔前はお墓とされるものは不気味な思案がすると言われていましたが…。

仏様の考え方を尊重し親族のみで葬式を済ませたところお通夜や葬儀に参列出来なかった方々が、お参りに足しげく我が家に、訪れてくれます。
喪家と言う意味はご不幸のあった家の人達を意味する言葉で喪中の家族を関東では『葬家』という事も多く喪家は関西地域を主として、導入される、ことがよくあるようです。
近年では通夜・告別式をしないダイレクトに火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市北斎場が公営の火葬場として有名)して納骨を施行する『直葬』を施す遺族が増加しています。
ご遺族・ご親族と限りのある人のみを収集して、お見送りする、葬儀を、「家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)」と指すようになり、この頃、スタンダードになって、きました。
以前から親族の人でやることが普遍的だった通俗的だった遺品処理ですが、てんやわんやだったり、遺品整理する場所が遠離だったり、遺族では行えないのが現状です。

四十九日(満中陰法要ともいいます。故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)法要は場所の準備や位牌の準備など準備を事前にするのが多く、(いつまでに何をすべきか)入念に察しておく必需でしょう。
お葬式にこだわりなどと意外だと感じるかもしれませんがお葬式を考えるにあたり何を大事にどこを優先すべきか、という意味だと思えます。
古くから地元密着という業者がたくさんですが最近では花の祭壇がお勧めの葬儀社など、個性をいかした、葬儀社も出現してきました。
その昔はお通夜は故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】と親しい人たちが夜の目も寝ずに死者に付き添うというのが習慣でしたが、近年は参列者をお呼びして通夜を執り行い、2時間程度で完了するのが常識です。
ご先祖に対しての供養ですので家族たちでやる方が、ベストですが、色々な事情で、する事が無理な時には、お寺に電話をかけ、卒塔婆を立てるお参りだけを、お任せする事もあります。

斎場から弔辞を要請した方になるまで、望みがあれば重箱の隅まで書くことが出来るのが遺言ノートの魅力だと感じる時があります。
一昔前はお墓とされるものは不気味な思案がすると言われていましたが、近年は公園墓地のような快活な墓園が多いです。
被葬者は趣味は海釣りだったという話を聞いていたので釣りが趣味の故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】のために釣りをイメージした祭壇を、ご提案させていただきました。
如来の教えを合算して毎日の難題を善処したり、幸せを願望する、あるいは、如来を通して高祖のお勤めをするのが仏壇の価値と思います。
普通の人はご遺族の後ろ側に座り到着された方からご遺族の背中側に座って、くれれば、すいすいと案内できます。