大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

仏事あれこれ

仏事のわかりづらいことを説明

奮って記述したエンディングノート(「エンディングノート」とは…。

若いときに母上を亡失したので祭事は専門外なので、これから問い合わせる知り合いもいないため、二十三回忌といっても何をしたらいいのか不明なのです。
だけど近頃は火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市北斎場が公営の火葬場として有名)式や家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)を希望するご家族も増加しましたから終の刻は思い出深いところでと、自宅でと希望する方も増えてきています。
今日この頃は墓石の制作手法の大きな改良によりデザインの柔軟度が、激しく高くなり、個人の墓石を、自分で企画する事が、出来るようになったのです。
一つの例としてお葬式の会場一つにしても最高級ホテルの大会場が良いという方もいれば、寺院の素晴らしい情景の中で、お見送りしたいという家族もいらっしゃると思います。
それから万一の際は事前見積もりを、されていた葬儀屋に葬式を頼むことが適いますから、予定通りと感じた時も徐々に処することが可能です。

奮って記述したエンディングノート(「エンディングノート」とは、自分にもしものことがあった時のために、伝えておきたいことをまとめておくノートのことです。2011年10月に「エンディングノート」という映画が公開されたため、注目される方が増えたようです)も実在を誰一人認識がなければ値打ちがないので、信じる事ができる人に言いましょう。
納骨堂(室内などに個人やご家族で遺骨を納めることのできるお墓です。形式は多種多様でロッカー式のものをはじめ、納骨堂の建物のなかに墓石を置くもの(室内墓所)、また、上段には仏壇や位牌・下段には遺骨を置くスペースがある納骨壇など、さまざまなタイプがあります )は関東各地に建立されておりお参りに便利な駅近くの寺や都心から離れた、ひっそりとした寺院まで、選択肢は豊富です。
葬儀勉強会や終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)勉強会や斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)見学会などをやっているから、第一はそれらに顔を出すことを助言しています。
現状まで葬式業界を楔に僧侶と一般人は何とか繋がりを持ってきたが、その葬儀においても、仏教離れが進行した。
一家・親戚と特定の人達のみを連れ添って、お別れする、セレモニーを、「家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)」と称されるようになり、この頃では、定番になって、きたとのことです。

本当なら命を失った方に与えられるお名前ではなく、仏道修行を行った、出家者に渡されたんですが、今では、決められた儀式などを、体感した普通の人にも、授けられる事になっているようです。
後飾りは葬儀式を終え白木祭壇をしまった後にこれらの遺影・遺骨・位牌などを法要まで自宅で安置してお参りするための祭壇を後飾り壇と言います。
大量の坊主の力によって母は救われると言われ供養したところ母親は餓鬼の恐れから逃避し、これがお盆の始まりだと信じられています。
そのうえお墓の形も近年では色々とあり古くは決められた形状のものでしたがこの頃では洋風の、お墓が多数みられますし、自由な形にする方も、増えてきた模様です。
気持ちの良い葬儀とはさよならに集中出来る葬儀のことで戸惑うことなく無事に葬儀を遂行でき、最後のサヨナラを行うことが、良い葬儀だと思えます。