大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

仏事あれこれ

仏事のわかりづらいことを説明

葬儀の作法|仏式においては北枕安置が良いと言われていますがご遺体の安置の手段については仏式の他に神式…。

関わりのある僧侶が認識がない、己の一家の宗派が知らされてない方は、はじめに実家や従妹に伺うといいですよ。
良妻の実家は天台宗でお位牌を預け入れるのですが、個人の住む傍には浄土真宗の刹那寺がないと思います。
通夜は一昔前は遺族が一晩中亡くなった人に寄り添うものだったが、今日では幾世で終わる半通夜がポピュラーです。
長い時間使った仏壇には損傷や汚れの付着木地の傷み金具の劣化、彫刻の損傷金箔のはがれ落ち、など、外観が低下します。
自分メインに考えて苦しみ迷い多き生涯を苦しみや悩みともわからず暮らすケースから、この不安に、負けないという意図に、多くなっています。

ご先祖に対してのご供養なので身内でやった方が、最良だと思いますが、色々な都合で、行えないケースには、お寺に連絡を入れ、卒塔婆を立てるご供養に限り、頼むこともあります。
ですから弔辞を述べる方からすると落ち着かなくなるものですから式次第に入るのなら、早いうちに相談して、承諾してもらいましょう。
通常はお通夜に家族代表のご挨拶はなかったですが、近年では通夜に会葬者が増えており、口上を述べる人も多くなりました。
お見送りの刻では皆様方により故人の周りにお花などを一緒にいれて、故人とのラストのお別れを行ってもらい、火葬場へ踏み出します。
満中陰法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)の時と異なり時間がたっても残るもので大丈夫だと考えますし地域の仕来り等によっても、バラツキがあるもので、仏具店などでご相談なされるのも仏具店などでご相談されるのも、いいかと思われます。

以前は通夜は故人と仲の良い人が夜明けまで死者の傍にいてというのが一般的でしたが、今日日は関係者をお呼びして通夜を施し、2時間程度で完了するのが通常です。
仏式においては北枕安置が良いと言われていますがご遺体の安置の手段については仏式の他に神式、キリスト教など、個々の宗教や宗派によって決まりごとが違います。
多くの喪主(喪主とは、葬儀を主催する人をさします。喪主は誰がなるかという問題がありますが、世帯主が亡くなった場合は配偶者が、世帯主以外が亡くなった場合は世帯主または子供がなることが多いです)は葬儀を執り行う経験はございませんので費用が分からないので不安葬儀社と話す前に平均を把握したい、と気がかりになるようです。
死者の現場の後片付け洗浄、廃棄品の措置とかの遺品生理は、今までファミリーの方の先駆するのがポピュラーでした。
寺院とお付き合いなどなく葬儀の場合に業者に寺院を斡旋してもらうケースは、お布施の金額はどんだけ差し出せばいいのか定かではないので、危惧の念を抱え込む人も多いみたいです。

自分のことをメインに苦しみ多き生涯を不安や困惑とも認識せずに生活するという実態から…。

現実的に参列した人を数名くらいお願いしてどれくらいのスケールの葬儀式を執り行うことを選択したり、亡くなった人の信仰などを考えて、どんな形の葬儀にするかを確約します。
この祭事は会場の準備や本位牌の手配など準備を事前にするのが多く、(いつまでに何をするのか)慎重に保有しておく必須です。
以前は通夜は故人の関係深い人たちが夜更けまで仏の横で見取るのが習慣でしたが、近年は訪問者を参じて通夜を施工し、数時間以内に完了するのが殆どです。
メインの祭壇無数の僧侶色々な会葬者を集めた葬送でも、冷え冷えとした空気だけが残る葬式もあるし、由緒ある寺院に荘厳な墓石を建立しようが、お墓(お墓とは、当たり前の存在だと思っていたお墓に意味を見付け出そうとするのが、現代社会ではないでしょうか。先祖供養、家族の絆、信仰などお墓は様々な意味を持ちます。 古来より人類は、亡くなった方やご先祖様への感謝の気持ちを表しご供養してきました)参りをする人がいないお墓(お墓とは、当たり前の存在だと思っていたお墓に意味を見付け出そうとするのが、現代社会ではないでしょうか。先祖供養、家族の絆、信仰などお墓は様々な意味を持ちます。 古来より人類は、亡くなった方やご先祖様への感謝の気持ちを表しご供養してきました)もある。
天台宗のお寺などにお詣りした経験のある人ならば聞き知ると考えますが、寺院に飛び込むと、奥の如来を定置している壇や先生が願懸けするための壇が存在します。

素晴らしい葬儀とはお見送りだけに専念できる葬儀のことで円滑に葬儀を終了することができ、お終いのお別れが出来ることが、良い葬儀と感じられます。
今日では斎場とも称されているが元来祭祀儀礼を執行する場所および、祭祀儀礼を執り行う施設全般を指摘する呼び名であり、通夜・葬儀・告別式のみ行う建物で斎場と言っています。
子供の時にお母ちゃんを失ったので仏事は世間知らずなので、それから問い合わせる親族もいないから、十三回忌といっても何を行うのが良いのか分からないと思います。
自分のことをメインに苦しみ多き生涯を不安や困惑とも認識せずに生活するという実態から、今の困惑に、負けないという意図に、多々見られます。
葬式を事前準備する人は喪家の代表者、地域の偉い人や関連する派閥、事務所の関係者など、信用のある人の助言を思念して決定するのがいいと思います。

帰らぬ人の室内のすっきりハウスクリーニング、不要物の処決などの遺品生理は、長年家人の手で執り行うのが常識でした。
「葬儀坊主」ということも「葬儀・法事だけに関わる宗教者」を揶揄した言い回しだけでなく「葬式に従事するから穢れている」という内容をいったりもする。
満中陰の忌明けまで行使するというのが人並みで通夜や葬儀式に参列出来なかった人達が、弔問に訪れた場合には、ここでお線香をあげていただきます。
祭祀儀礼は数多返り実施することじゃありませんので、把握している葬儀屋ががなくて病院が言ってくれた葬儀社に用いる事があるようです。
それはそれで弔辞を述べる本人からするとプレッシャーを感じるものですから式中の次第に組み込まれるのであれば、早めに申し込んで、合意を得るように動きましょう。

家族の希望を映し出してくれるという点は言い換えると業者本ではない葬儀社だと断言できますしこんな感じの葬儀社さんは…。

曹洞宗ではいずれの仏をご本尊様と考えてもどれもこれも仏様につながるとした経典だと言われていますが、故人の家で葬式をする場合は、ご本尊様としてお軸を使う時があります。
哀悼スペースに出向いた列席者の人々が酒が趣味の○○さんはとにかく召し上がっていたなぁ、と仰られていて、ご家族は驚きました。
祭祀は寺院の宗教者が授戒(仏門者に戒律を授けること)と引導(彼岸に導く)を行う儀式で、一般では家族のみが参列されていました。
家族の希望を映し出してくれるという点は言い換えると業者本ではない葬儀社だと断言できますしこんな感じの葬儀社さんは、だいたい、新しい部分も。秀でていると思われます。
葬儀告別式をスムーズに執り行うためにはご遺族(【遺族】 の意味 死んだ人のあとに残された家族・親族。 恩給法では、死亡者と生計を共にしていた配偶者・子・父母・祖父母および兄弟姉妹、労働基準法では、死亡した労働者の死亡当時、その収入によって生計を維持していた者(内縁を含む配偶者・子・父母・孫・祖父母)その他をいう。)と葬儀社とのコミュニケーションもコミュニケーションも大切になりますので、小さいと思われることでも、ご相談ください。

仮に葬儀会場一つのことに関しても大手ホテルの会場がいいと思うこともあれば、お寺の素晴らしい雰囲気の中で、お別れしたいという方もおられるようです。
納骨堂(室内などに個人やご家族で遺骨を納めることのできるお墓(お墓とは、当たり前の存在だと思っていたお墓に意味を見付け出そうとするのが、現代社会ではないでしょうか。先祖供養、家族の絆、信仰などお墓は様々な意味を持ちます。 古来より人類は、亡くなった方やご先祖様への感謝の気持ちを表しご供養してきました)です。形式は多種多様でロッカー式のものをはじめ、納骨堂の建物のなかに墓石を置くもの(室内墓所)、また、上段には仏壇や位牌・下段には遺骨を置くスペースがある納骨壇など、さまざまなタイプがあります )は各地に建てられ駅に近くて便利なお寺や都内から離れた、田舎の寺まで、選択肢は豊富です。
奥様の一家日蓮宗でそのお位牌を預け入れるのですが、自身の住んでいる周辺には臨済宗の仏寺がないです。
葬儀式や法要(法要(ほうよう)とは、. 本来の意味は、仏教において釈迦の教え(仏法)を知るということ。つまり仏法の要点・肝要を知ること。 その後、上記の用語が転用され、法事・仏事・法会などの儀式祭礼などの仏教行事一般のことをいうようになった)などで寄進を包みますがお経料の渡し方や表書きの書き記し方など習わしはあるんですか?
大量の僧侶の力によって母親の救いだと理解していて供養してみたら母親は餓鬼の苦しみから逃げ出せ、これがお盆だと考えられています。

葬儀屋と言われるものは葬儀に絶対不可欠な手配を手にし葬式を執り行う役目を、任される仕事を行う組織で、葬式を行う事や、その件に就業する人の事を指します。
これまで通夜に遺族代表のご挨拶はなかったですが、昨今では通夜に参列者が増加しており、謝辞を述べる方も増加中です。
子供や兄弟姉妹への希望を届けるノートとして、この上己のための記憶片付けメモとして、年代に縛られず気さくに記録することが出来る、実生活の中でも使いやすいメモです。
ただし昨今では希望が火葬だけや家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)や一日葬という人も増える一方ですので最後はお気に入りの場所でと、自宅でと希望する方も増えてきています。
『終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)』と言われるのはイメージ通り余生の終わる方法論であり、シニアの最期を格段に良いものにすべくその前に準備していようというような活動の事です。

以前は通夜は故人の関係深い人たちが夜通し故人に寄り添うというのが慣習でしたが…。

今日この頃は墓石の製造工程のものすごい向上によりデザインの柔軟性が、激しく高くなり、ご自身のお墓(お墓とは、当たり前の存在だと思っていたお墓に意味を見付け出そうとするのが、現代社会ではないでしょうか。先祖供養、家族の絆、信仰などお墓は様々な意味を持ちます。 古来より人類は、亡くなった方やご先祖様への感謝の気持ちを表しご供養してきました)を、自分で構想する事が、出来る事になったわけなのです。
死人を弔い葬り去る場所が故人を隣に置いて財産を奪い合う醜い争いの場に変貌しそこで故人を弔っているのは誰なのだろうか、という疑問を感じたこと記憶している。
並びに万が一のときは以前に打ち合わせを、されていた葬儀屋に葬式を要請することが望めますので、予定通りと感じた時も段々と接することが可能でしょう。
身内と少数の限られた皆さんを召喚して、お別れを行う、儀式を、「家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)」と呼称されるようになり、この頃、根付いて、きました。
例を挙げるとすれば葬儀の式場一つに関しても大きなホテルのホールが良いという希望もあれば、寺院の格式高い情景のなかで、お別れしたいという家族もおられるようです。

葬儀・仏事・祭事などで施物を渡しますが袱紗の包み方や宛名の書く方法など常識はありますでしょうか?
しかし最近では火葬式や一日葬・家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)をご希望する遺族も増加傾向にありますので最後はお気に入りの場所でと、自宅を選択する方も多いようです。
粛々とした葬式を考えているのに高価な祭壇や華美な演出を奨励されるケースは、葬儀業者の考え方が、そぐわないということです。
こんな風に第一の人を失われた肉親、に向けて、身近な、方々が、金銭の事情を、サポート、して差し上げる。
仏式のケースでは北枕に安置するのが良いといわれていますがご遺体安置のルールはキリスト教などの各々の宗教や宗派によって習わしが変わります。

葬儀は各プランによって金額やスペックが大きな格差が出るだけに事前に大阪の、葬式の内情を把握しておけば、悔やむことない、葬儀を執り行えます。
一昔前は墓石というと陰鬱な余韻があるといわれていますが、現在は公園墓石等の陽気な墓地が大手です。
以前は通夜は故人の関係深い人たちが夜通し故人に寄り添うというのが慣習でしたが、昨今は訪問者をお迎えして通夜を施工し、数時間以内に完了するのが常識です。
浄土真宗ではいずれの聖人を本尊と考えてもまるごと仏に結びつくとする教えでありますが、往生人宅でお葬式をお葬式をする際は、本尊様としてお軸が用いられたりします。
後飾り壇は葬儀が終わって片付けた後に遺影写真・遺骨・位牌というものを和室に安置しておくための祭壇のことを指します。

葬儀の作法|葬儀は各プランによってコストや内容が極めて変わってしまうだけに事前に名古屋の…。

悔いを残さない葬儀だと思ううえでも漠然としていても良いのでこういう感じの葬儀にしたいなぁ、といった想像を、することが大事なことです。
葬儀は各プランによってコストや内容が極めて変わってしまうだけに事前に名古屋の、葬儀の概要を知っていれば、失敗と感じない、葬式を執り行うことができます。
多数の宗教者の力を活かし母は助けてもらえると思ってお参りした結果母は餓鬼の恐れから逃避し、これがお盆の起源だと考えられています。
強烈な祭壇大勢の僧侶色々な参列者を集めた葬儀としても、冷え冷えとした空気しか感じられない葬式も存在するし、歴史あるお寺に荘厳なお墓(お墓とは、当たり前の存在だと思っていたお墓に意味を見付け出そうとするのが、現代社会ではないでしょうか。先祖供養、家族の絆、信仰などお墓は様々な意味を持ちます。 古来より人類は、亡くなった方やご先祖様への感謝の気持ちを表しご供養してきました)を建てようが、供養をする人がさほどいない墓石もある。
このところ墓石の製造技量の大きな向上によりモデルの自由度が、めちゃくちゃ高くなり、オリジナルのお墓(お墓とは、当たり前の存在だと思っていたお墓に意味を見付け出そうとするのが、現代社会ではないでしょうか。先祖供養、家族の絆、信仰などお墓は様々な意味を持ちます。 古来より人類は、亡くなった方やご先祖様への感謝の気持ちを表しご供養してきました)を、自分で設計する事が、可能というわけです。

家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)フェアや終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)セミナーや葬儀会場内覧会などをやっているので、とりわけそれらに行ってみることを工作しています。
葬儀屋とは葬儀に不可欠な支度を入手し葬儀を執り行う役目を、背負う仕事を行う会社で、葬式を執り行うお勤め、それに就業する人の事を指し示します。
疑いない規定がない『家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)』という専門語ですが、第一に家族や友人、親しい方をまとめ役とした少人数での葬儀式の美称として行使しています。
昨今宗教者などは葬儀式や仏事でお経を読む人という思いがしますが、昔から仏教者とはお釈迦様の教えや、仏教などを間違いなく理解しやすく、知らせるのが本義なのです。
しかし最近では火葬のみとか家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)を選択する遺族も多くなったので死ぬときはお気に入りのところでと、ご自宅を選ぶ方も増加傾向にあります。

古からご家族の人で行動することが普通だった一般だった遺品整理ですが、せわしかったり、遺品整理する家が遠かったり、遺族では行えないのが現状です。
そのうえお墓(お墓とは、当たり前の存在だと思っていたお墓に意味を見付け出そうとするのが、現代社会ではないでしょうか。先祖供養、家族の絆、信仰などお墓は様々な意味を持ちます。 古来より人類は、亡くなった方やご先祖様への感謝の気持ちを表しご供養してきました)の形態も近頃では多彩で今までは決まった形のものでしたが最近は和風洋風色々な、お墓(お墓とは、当たり前の存在だと思っていたお墓に意味を見付け出そうとするのが、現代社会ではないでしょうか。先祖供養、家族の絆、信仰などお墓は様々な意味を持ちます。 古来より人類は、亡くなった方やご先祖様への感謝の気持ちを表しご供養してきました)が増加中ですし、自分の思い通りの形状にする方も、増加しています。
亡き者の住居の身辺整理クリーニング、不要家具のゴミ処理とかの遺品生理は、古来世帯の方の遣り抜くことが大衆的でした。
初の葬儀式を執り行う者は勘ぐりが多くなると言えますが葬儀式は人生で何回も敢行するものでもないから、だいたいの者は経験が浅いです。
鮮魚や野菜とは違うようで時期があるものではないですし何にも見ないでなんだかんだと考え込むより、このように実際に見て、あなたの好みの色や、石肌石目を探し出してみましょう。

忘れられない方と過ごした価値ある時間がきちんと受け入れ個人をお参りし参加した親族友人と…。

大事な人の危篤を病院の先生から告げられたら、家族や親族や己が会いたいと想う方に、直ぐにお知らせをしておきましょう。
葬儀や仏事から諸諸の登録身の回りに懸かるサポートまで何から何までお任せして頂けるだけでなくご遺族(【遺族】 の意味 死んだ人のあとに残された家族・親族。 恩給法では、死亡者と生計を共にしていた配偶者・子・父母・祖父母および兄弟姉妹、労働基準法では、死亡した労働者の死亡当時、その収入によって生計を維持していた者(内縁を含む配偶者・子・父母・孫・祖父母)その他をいう。)の心理的なケアにも、携わっております。
忘れられない方と過ごした価値ある時間がきちんと受け入れ個人をお参りし参加した親族友人と、感じあうことが、やがて深い悲しみの心がケアされていきます。
『終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)』は読んだ感じのまま一生涯の終わり方の行動あり、ダイヤモンドライフをもっと得するすべくその前に準備していようとされている取り組みのことです。
葬儀式は多数も行うことだとは限りませんので、認識する葬儀社ががなくて病院が提示してくれた葬儀業者にお願いする事が多くあります。

昭和初期から利用されていた仏壇にはキズや汚れの張り付き木地の反り金具の壊れ、彫刻の損傷金箔のめくれ、等で、印象が悪くなります。
スケールや種類によって信用が変わることなく葬儀社の姿勢や考え方各接客態度で、見定め判断することが大事なポイントです。
寺院と交わりがなく葬式の場合に業者に寺院を仲買して頂くケースは、お布施は幾らくらい出金すればいいのか不透明なので、怖さを抱え込む人も多いみたいです。
無宗教のお別れの儀は制限のない一方でいくらかのシナリオを用いる、条件があり、ご要望や想いをもとに、お見送りの儀を作り上げる、進行が通例です。
昔はお通夜に喪主(喪主とは、葬儀を主催する人をさします。喪主は誰がなるかという問題がありますが、世帯主が亡くなった場合は配偶者が、世帯主以外が亡くなった場合は世帯主または子供がなることが多いです)の挨拶はないのですが、最近は通夜に列席者が多くなり、お礼される方も増加しています。

自分だけを中心にして心配事ばかりの生涯を困惑とも分からず生活する実態から、このような悩みの種に、へこたれない気持ちと想いに、多くなってきました。
大抵の参加者は遺族の後ろのほうに座り到着された方から家族の後方に座って、もらうと、滑らかに手引きできます。
先頃はお通夜・告別式を実行しないダイレクトに火葬して納骨を実践する『直葬』を信奉するご家族が増えているそうです。
家族や友人へのメッセージを通知する手紙として、そのうえ自身のための検討集約帳面として、世代に縛られず簡単に編集することが出来る、社会生活の中でも力になる帳面です。
母親に資金がございませんので進呈は関わりない、私は何も頂戴するつもりがないので単独相続は関係ない、と錯覚をされる当事者が無数に見受けられます。

悔やむことのない葬儀にするためにもなんとなくでも問題ないのでこんな葬儀がよいなぁ…。

悔やむことのない葬儀にするためにもなんとなくでも問題ないのでこんな葬儀がよいなぁ、という事前情報を、お持ちになると良いでしょう。
往生人の室内の始末すす払い、残骸の廃材処理といった遺品生理は、現在に至るまで身内の方の遣り抜くことがノーマルでした。
家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)の感覚として大衆的には『遺族だけの祭事』『家族と友人だけの仏事』が多くいて、家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)の域にに連鎖する傾向も様々のようです。
「葬儀僧侶」と言う呼び方も「葬儀・法事だけをしたがるお坊さん」を小ばかにしただけでなく「葬儀に取り組むから穢れている」という要旨を示したりする。
幼稚園の時にお父さんを亡失したから祭事は専門外なので、そのうえ教えを乞う知り合いもいないから、十七回忌といってもどうしたらいいのか不明でした。

初の葬儀を行う人はリスクが湧いてくると想像できますがお葬式は人生で数回も敢行するものでもないから、だいたいの者はアマチュアです。
このごろ墓石の制作手法の大きな進歩により構想の自由度が、めちゃくちゃ躍進し、あなただけの墓石を、自らデザインをする事が、出来るようになりました。
喪家の代表はお通夜・葬儀の実務的なところの代表となり大きな役目としては参列者への挨拶、をされます。
人知れずひっそりと葬儀を考えていながらゴージャスな飾り付けや高価な祭壇を進められる場合は、葬儀社の考え方針が、あいません。
火葬にあたる職業の人は明治から僧侶が人々の中に入り込み路肩に見捨てられた死体を集め、慰霊して火葬したことが発端として、お坊さんと呼ばれたのだろう。

この時まで葬祭関連を中継としてお寺と民衆はやっとのことで繋がりを持ってきたが、その宗教的行為においても、仏教離れが進行した。
先頃は通夜・告別式をしないダイレクトに火葬場でお骨を納骨を実行する『直葬』を実践する家族が増えています。
死亡者は釣りが好きなご主人事情を聴いていたので釣り好きの旦那さまのために海の想定で祭壇を、プランニングさせていただきました。
亡くなった人を弔い葬儀の席が死者を隣にして醜い財産争いを繰り広げる場に変わり弔っているのはいったい誰なのだろうか、ということを感じたのを記憶している。
以前は墓というとうら寂しい面影があるといわれていますが、最近は公園墓地のような明々な墓園がメインです。