大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから瓜破斎場でご説明しています。

仏事あれこれ

仏事のわかりづらいことを説明

仏像や彫る人を想定した様々なデータが明記されており仏像の感じ方仏像の彫り方…。

小学生の頃にお母さんを亡失したから祭事は専門外なので、更には質問する親戚もいないから、一周忌といっても何をしたらよいのか分かっていないのです。
葬儀と告別式とは従来別のもので仏教のお別れの儀式では最初に宗教者による読経などをされ、その先に告別式、主にご家族ご親族が故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】とお別れする会が、施されています。
聖人の教えを通して年中の難題を排除したり、幸せを夢見る、そして、本尊を通して先人のお詣りをするのが仏壇の値打ちです。
それからもしもの場合には生前に相談を、されていた葬儀会社に葬式をお願いすることが可能なので、いよいよといった時にも少しずつ応じる事が可能だと考えます。
元来お通夜に喪主喪家の挨拶はないと思いますが、昨今ではお通夜に会葬者が増えており、口上を言われる方も増加しました。

仏式の時では安置は北枕が良いとしていますがご遺体の安置の手法については神式やキリスト教などの仏式以外の、様々な宗教・宗派の特色によって決まりごとが変化します。
お通夜や葬儀を不都合なく行うためにはご遺族と葬儀社との信頼感も大事になりますので細かく思われることでも、聞いてください。
納骨堂(室内などに個人やご家族で遺骨を納めることのできるお墓です。形式は多種多様でロッカー式のものをはじめ、納骨堂の建物のなかに墓石を置くもの(室内墓所)、また、上段には仏壇や位牌・下段には遺骨を置くスペースがある納骨壇など、さまざまなタイプがあります )は色々な場所に募集しており行くのに便利な寺や都内から離れた、静かな寺まで、選択の幅がたくさんあります。
死亡者は釣りが大好きだった故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】の話が聞けていたので釣り好きの故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】のために釣りのイメージで飾りを、ご説明させていただきました。
スケールやシリーズによって信頼感が変化することなく葬儀社の取り組みや方針色々な接客の態度で、判断することが大事です。

終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)と言われるのは次の生き方を『後悔しない生き方をしたいか』と考えられる考えを形式にすること、生き方の終焉に向けてアグレッシブに準備することで、いけてる生きていく行動です。
仏像や彫る人を想定した様々なデータが明記されており仏像の感じ方仏像の彫り方、名高い仏師紹介、種類や買い方、仏像の魅力は?意味は?色々あります。
形見コーナーに覗いていった参加者の人々が酒好きな○○さんはたらふくご馳走になりました、と呟いていて、ご家族はビックリされました。
ただし今日この頃は火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市北斎場が公営の火葬場として有名)のみの方や家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)を希望する方が増加中ですので最後はお気に入りの場所でと、ご自宅を選ぶ方も増加傾向にあります。
葬儀や法要などでお布施を渡しますがお経料の渡し方や表記の書くマナーなど決まりごとは存在しますか?

一日葬とは古来は前夜に通夜式の法要を行い…。

長い期間使用していた仏壇にはキズやシミの付着木地の反り金具の損傷、彫刻の損傷金箔のはがれ、により、印象が悪くなります。
家内の親御さんは時宗でお位牌を保管するのですが、当人の居住地近所には黄檗宗の仏寺がないからです。
一日葬とは古来は前夜に通夜式の法要を行い、次の日にお葬式と二日またいで実施される葬儀式を、通夜なしで一日で達する葬儀の流れです。
自分のことをメインに悩みや困惑ばかりの一生を困惑とも分からず過ごすというケースから、こんな心配事に、へこたれない気持ちと想いに、多くなってきました。
わたくしらしい末期を迎えるために彼女が衰えたり災害で病気や障害で宣言出来なくなっても滅亡まで祖母の要求を敬った治療をします。

通夜はその昔は親族が一晩通して亡くなった人にお供するものでしたが、近年では半夜で終わる半通夜がメジャーです。
交友のある住職が認識がない、個人の家の宗旨宗派が覚えていない方は何よりも親類や祖父母に伺ってみましょう。
葬式はお寺の宗教者による授戒(戒律を授けること)と引導(彼岸に導く)を行う仏式で、原則的には家族のみが参列されていました。
素晴らしい人が死んだことを終りを迎えた現実を受け止め故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】を想い集まった親族や友人と、悲しみを分かち合うことで、価値ある葬儀です。
老人ホームで逝去された場合霊安室から2〜3時間で移動を要求される場合も多く、送迎車を用意する急がれます。

「葬式お坊さん」という言葉も「葬儀・法事にしか携わらない僧侶」を嘲笑した言い方だけでなく「葬儀に関わるから穢れている」という内容を示したりする。
波風を立てることのない葬式を考えていながらも高価で派手な祭壇や飾りを進められる場合は、葬儀社の考え方針が、合わないということです。
病院でお亡くなりになったケースだと数時間のうちに葬儀社を選定しさらに当日中に2〜3か月分の収入と同じ金額の、購入をしなければなりません。
自宅で内輪だけの法要をされる場合戒名ではなく故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】の名称のほうが心にしっくりくるとしたらそれでも問題ないのでは、無いかといえます。
母親に資金がございませんので財産寄与は関係ない、わしは何も引き継ぐ気構えはなかったので金分相続は関係ない、と判断違いをされる者が数多くおられるそうです。

仏の教えを介在して毎日の障害を除外したり…。

ズバリと規定がない『家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)』というタイトルですが、重心的に家族や近しい人を軸とした少数での葬式の言い方として使われています。
決まりきった葬儀を行うならばやはり思っている以上に強いられると思いますが、色んなプランニングで、100万円くらいざっくりと、縮小することが言えそうです。
ひとり親に私財がありませんので贈与は関わりない、俺は何も引き継ぐ腹構えはございませんので分割相続は関係ない、と幻影をされる輩が大多数います。
葬式はラインナップによって料金や内容が非常に違ってくるだけに事前に愛媛の、葬儀の概要を知っていれば、悔やむことない、葬式を執り行うことができます。
こんな感じに唯一の人を亡くされた世帯、に向けて、周辺の、方が、金銭面で、フォロー、して差し上げる。

はじめて葬式を経験する者は恐怖が多くなると思いますがお葬式は死ぬまでに繰り返し行うことではないので、往々の方はアマチュアです。
後飾りは葬儀式が終了して葬儀の祭壇を片付けた後に遺影写真・ご遺骨・ご位牌などを法事まで自宅に安置してお参りするための祭壇を後飾り壇と言います。
現代では宗教者は葬式や法要でお経を読む人という思いがしますが、先般僧侶とは釈迦の教えや、仏教を間違いなくわかりやすく、伝達するのが職責なのです。
自分のままに死に際を迎えるために彼が病苦や不具合で健康を損ねたり出来事で意思表明出来なくなっても晩期まで彼の思いを重要視した治療を施します。
仏の教えを介在して毎日の障害を除外したり、幸せを念じる、または、菩薩を通して高祖のお勤めをするのが仏壇の役目です。

昭和初期から用いた仏壇にはキズや汚れのへばり付き木地の傷み金具の破損、彫刻の損傷金箔の擦れキズ、等で、見た感じが衰えます。
往年はお通夜は故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】と親しい人たちが夜明かし仏に寄り添うのが慣習でしたが、近年は参列者を参会して通夜を執り行い、2時間程度で完了するのが一般です。
お通夜は以前は身内が日が昇るまで故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】に寄り添うものでしたが、今では夜半に終了する半通夜が一般です。
仏像や彫る人を想定した膨大な見識が書かれており仏像の認識仏像の彫り方、一流仏師掲載、仏像の種、入手のやりかた、仏像とは?魅力はなにかなど多々あると思います。
法事参加の方々に心を浄め仏様の顔先に仏様になった死者をお迎えし、あらたまって心をかわされ、ご供養するものだと考えます。

後飾りは葬儀式を終え白木祭壇を片付け遺影・遺骨・位牌と考えられるものを満中陰法要まで安置してお祀りする祭壇を後飾り祭壇と言います…。

この他斎場(公営・市営・民営とあります。公営斎場では東京は臨海斎場、大阪市では大阪市北斎場や瓜破斎場が有名です。民営斎場では、町屋斎場や代々幡斎場などがあります)へ泊まることが困難とされる場合、地方からの参列者の宿の手筈をとったり、衣装や美容院など、お葬式では様々な予想外の難問題が起きます。
曹洞宗のお寺などにお詣りした体験のある方ならば承知だと思いますが、お寺に入ると、最奥部の仏像を安置されている須弥座や僧が拝するための壇が置かれています。
元は仏様に付けられる肩書ではなく、仏道修行を実行した、出家者に伝授されるものでしたが、少し前から、規則通りの儀式などを、実感した一般の人にも、与えられるようになっています。
病室で逝去された時霊安室からできるだけ早く移動を要求される場合も多く、お迎えの車を手筈する急がれます。
大事な家族の危篤を医師から告知されたら、家族や親族や本人が会いたいと希望している人に、先ずはお知らせしたほうが良いでしょう。

喪家と言う意味はご不幸のあった人達を指す言葉で喪中の家を関東では『葬家』を使用することも多々あり喪家は関西各地を中心に、取り入られる、傾向がみられると考えられます。
お通夜は本来は身内が終夜亡くなった人にお供するものでしたが、近年では幾世で終わる半通夜がメジャーです。
葬儀屋と言うのは葬儀に重要な支度を所得し葬儀を執り行う役回りを、担う仕事を行う人で、葬儀を執り行うお勤めや、その件に就業する人の事を指します。
仏式の時は安置は北枕でと言われていますがご遺体の安置の手立てについては仏式以外の神式、キリスト教などの、一つ一つの宗教・宗派によって言い伝えが変わります。
後飾りは葬儀式を終え白木祭壇を片付け遺影・遺骨・位牌と考えられるものを満中陰法要まで安置してお祀りする祭壇を後飾り祭壇と言います。

四十九日(満中陰法要ともいいます。故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)法要は式場の準備や位牌の準備など準備を事前にすることが多く、(いつまでに何をすべきか)十分に考えておく必要が要求されます。
現状まで仏事文化を仲立に寺院と民間人は紙一重で繋がりを持ってきたが、その仏事においても、宗教儀式離れが始まった。
祭事はお寺の宗教者によって授戒(仏門に入る人に戒律を授ける)と引導(彼岸に導くこと)を行う祭事で、通常では遺族のみが列席されていたようです。
波風を立てることのない葬式を考えていながらも派手な祭壇や華美な演出を進められる場合は、葬儀社の適合性が、出来ていないということになります。
自責の念に駆られない葬儀だと思ううえでもぼんやりとしたものでも良いのでこういう感じで別れたいなぁ、といった予備知識を、することが大事なことになるでしょう。

旧来お通夜に遺族の儀礼はなかったですが…。

病院で亡くなったケースだと2〜3時間で葬儀社を探しそれに加えて当日中に数か月分の収入と同様の、買い物をしなければならないようになります。
葬儀屋と言われているものは葬儀に絶対不可欠な支度を手に入れ葬式を行う役割を、任される仕事を行う人達で、葬儀を執り行うお勤めや、それに従事する人の事を指します。
ビッグな祭壇多様な僧侶いっぱいの参列者を集めた葬送でも、静まり返った空気だけが漂う葬儀があるし、由緒ある寺院に荘厳な墓石を建立しようが、墓守をする人が来ないお墓もある。
四十九日(満中陰法要ともいいます。故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)の忌明けまで働かせるというのが当たり前にてお通夜またはお葬式に参加出来なかった友人・知人が、弔問に訪問した場合に、後飾り祭壇でお参り供養してもらいます。
終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)って最後の生涯を『どういう風に生きていきたいか』といった願望を形式に行うこと、現生のエンディングに対して挑戦的に予定することで、素晴らしい暮らす動きです。

仏の供養に手を付ける人間がゼロになってしまうとか親戚、の代理として、菩提寺の僧侶に手配して、亡くなった人の命日に、お約束した年数、供養すること、永代供養を意味します。
習慣的に地域密着という葬儀社が殆どのようですが今ではお客様本位の葬儀社など、持ち味をいかした、葬儀社も登場しています。
仏式でする時は北枕で安置しますがご遺体安置のルールは仏式の他に神式、キリスト教など、様々な宗教・宗派の特色によって言い伝えが変わります。
家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)には率直な通念はなく親族を重点的に、近しい人など故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】と縁の深い方が集中してお別れするほんの少しの葬式を言うことがだいたいみたいです。
旧来お通夜に遺族の儀礼はなかったですが、現代では通夜に参列者が増加しており、訓示される方も増えているようです。

一般的に葬儀の式場一つに関しても一流ホテルの式場が良いという希望もあれば、お寺の格式ある情景の中で、お別れしたいという方もいらっしゃるようです。
満足のいく葬式だったと思えるためにもぼんやりでも問題ないのでお別れはこんな感じでお願いしたいなぁ、といった予備知識を、することが大事なことです。
我が喪主となるのは母の葬儀奥さんの葬儀愛息の葬儀ぐらいのもので、父親の葬式も長男とは違うので務めはしないし、息子のお葬式も先に死ぬと喪主はしないでしょう。
いかに人から聞いたような本に書いてあるかのようなこの点が良いとされる場所にしても常日頃お参りできない、みたいな場所では、効果がないのですもったいないのです。
哀悼スペースに訪れた列席者の方たちがご主人はお酒好きでたらふく飲んでいたなぁ、と呟いていて、ご家族はビックリされました。

仏様のお参りをする家族が途絶えかねないとか親戚…。

元々ご家族の人で強行することが一般だった普遍的だった遺品整理ですが、多事多忙だったり、遺品整理する家が遠かったり、近親者では行えないのが問題です。
ご家族の思いを叶えてくれるということは言い換えるとご家族本位である業者だと言い切れますしあんな感じの葬儀社さんは、多くの場合、これ以外の部分も。見事だと思っていいでしょう。
家族の代表は葬儀の実務的な面での窓口となり広範の役割分担は列席いただいた人へのおもてなし、をします。
波風を立てることのない葬儀告別式を検討しているのに高価な祭壇や高価な飾りを推奨される場合は、葬儀業者の考え方が、不向きです。
昨今はお通夜・告別式を実行しないダイレクトに火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市北斎場が公営の火葬場として有名)して納骨を行う『直葬』を仕切る遺族が増加しています。

終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)って最後の生涯を『どういった具合に生きたいか』と考えられる考えを行使すること、余生の終わりに向かってアクティブに手筈することで、麗しく暮らす動きです。
亡き人の気持ちを受け親族だけで葬式を完了したところ出棺の儀に参列することが不可能だった人が、お参りにちょくちょく自宅に、訪問されています。
喪家と言うものはご不幸のあったご家族を指し示す言葉で喪中の家を東日本では『葬家』を用いることも多く喪家は関西各所を中心に、取り入られる、ことが大概です。
仏様のお参りをする家族が途絶えかねないとか親戚、の代理人として、菩提寺の僧侶に連絡を取り、お亡くなりになられた日に、契約した年数、供養とお参りをする、が永代供養の内容です。
葬儀屋とは葬儀に重要な支度を獲得し葬式を執り行う役目を、任される仕事を行う人達で、葬儀を行う商売や、その事に就業する人達の事を指します。

死者を想い葬る場所が故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】を横に置いての家族の醜い財産争いの場になり故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】を弔っているのはいったい誰なのだろうか、という感覚が今も未だ残っている。
ひとり親に私財がありませんので相続は関係ない、俺は何もプレゼントされる気構えはありませんので相続は関係ない、と記憶違いをする家族が大抵おられます。
家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)儀の現象として世間的には『家族だけの葬儀』『遺族と友人だけの葬儀』が概ねのイメージで、家族葬(今では一般的になった家族葬ですが定義はありません。親しい人で大掛かりな葬儀をしないことというイメージです。最近では密葬と家族葬を同じイメージにされている人も多くいますが、密葬とは本来後に本葬もしくはお別れの会などを行うことをさします)の括りにに関係する傾向も一つ一つのようです。
葬式と告別式とは本来別で仏教のお見送りの儀では先ず初めに宗教者による読経などがされた上で、そして告別式、主に喪主による故人【主に「亡くなった人」という意味で使用します。ただし、「故(こ)」という語には故郷、故事、温故知新などで使うように「昔の」や「古くからの」という意味があり、漢文や古文などで時折出てくる「故人」という語には「古くからの友人」「旧友」などの意味があります】とお別れする会が、施されています。
満中陰の忌明けまで利用するのが当たり前にてお通夜とか葬儀に列席出来なかった友人や知り合いが、手を合わせに来られた場合には、後飾り祭壇でお参り供養してもらいます。

今どき僧侶などは葬儀や法要でお経を読む人というイメージがありますが…。

そのうえお墓の形も昨今では色々とあり古くは決められた形状のものでしたが今日この頃では洋風の、墓石が多くみられますし、思いのままの形にする家族も、増加しています。
更に万が一のケースは生前に相談を、行っていた葬儀会社に葬儀を託すことが叶うから、実際にと感じた時も徐々に処することが難しくありません。
坊主と関わることがなく葬儀のケースに葬儀の担当者に僧侶を介して頂く場合は、お布施の金額はどれくらい払えばいいのか定かではないので、警戒心を忍ばせる方も多いみたいです。
聖人の教えを介在して日々の難題を対応したり、幸せを要望する、または、菩薩を通して祖先のお勤めをするのが仏壇の値打ちだと思います。
交わりのある住職が知らない、己の世帯の宗旨宗派が認識がない方は、ひとまず本家や親類に伺うといいですよ。

無宗教の葬式は縛りがないのに反しそこそこのシナリオを準備する、時もあり、ご所望や気持ちをもとに、葬式を作り上げる、流れが通例です。
大事な家族のご危篤を医者から言われたら、家族や親族や本人が会いたいと思っていた人に、真っ先に報告しましょう。
本人らしい往生を迎えるために祖父が病や事件で病苦や障害で表明出来なくなっても落日まで母の考えを敬った治療をします。
昭和初期から使用されてきた仏壇にはキズや汚れの付着木地の傷み金具の劣化、彫刻の欠け金箔のめくれ、等にて、印象が衰えます。
後飾り祭壇はお葬式が終わって白木祭壇をしまった後に遺影写真・ご遺骨・ご位牌などを法事まで自宅に安置しているための祭壇です。

当事者・家族・勤め先近隣の方々・友人・趣味の付き合いを詳細に調査ししっかりと確実にご説明をさせていただいた上で、最適な葬儀プランを、お勧めさせていただきます。
大多数の僧侶の力を活かし母の救いになることだと信じお参りしたところ母親は餓鬼の不安から逃避でき、それがお盆だと伝えられています。
ご家族の要望を反映して貰えるのは別の言い方では業者本意ではない葬儀業者だと言えるでしょうしあんな感じの葬儀社さんは、たぶん、新しい部分も。優れていると言っていいでしょう。
今どき僧侶などは葬儀や法要でお経を読む人というイメージがありますが、そもそも宗教者とはお釈迦様の言い伝えや、仏教などを正確にわかるように、伝達するのが職責なのです。
仏様のお参りをする人物が失われてしまうとか子供や親族、を代行して、菩提寺の僧侶に要望して、亡くなった方の命日に、ある程度の年数、供養とお参りをする、永代供養と呼びます。